旧借家法と新法

旧借家法と新法について

旧借地法と借地借家法の違いを理解しよう

旧借地法は何かと昔から問題が多く、トラブルなど多く発生する事が多い法律でした。法律改正になるまでは、借地法という法律がありました。この借地法と借家の借家法が合わせて中味を考慮し、借地借家法が成立し、古い借地法と借家法が廃止となったのです。

この借地借家法が施行されたのが平成4年8月です。その以前から存続する借地権については、廃止された旧借地法が引き続き適用となります。現在既存の住宅市場にも、多くの借地権物件がありますが、その多くに、旧法適用の物件があると考えられます。

借家借地法を考える時、旧法との違いを理解しておくことが必要です。法律改正以前の土地や建物を借りるという場合に、旧法の法律が生きている物件があるのですから、旧法、新法ともに理解しておかないと、間違った考えで契約等を行ってしまう可能性があります。

旧法は少し複雑でわかりにくい点もあるので、もしも旧借地法が生きている物件について、契約したいという場合、こうした借地権の取扱いにたけている専門家などに相談する方が安心です。借地借家法を含め旧借地法について詳しく知ることで後悔する契約もなくなりますので、当サイトでしっかりとその違いを理解していただきたいのです。

借地や借家に関するトラブルが未だ多いという日本です。法律をすべて把握することは難しいのですが、後に後悔しないように、当サイトで借地借家件、また旧借地法について理解し、その上で借地や借家の利用を考えていただければ幸いです。

Next